遊休地活用(メガソーラー・太陽光発電所)をお考えの皆様へ

遊休地活用に太陽光発電(メガソーラー・大規模太陽光発電所)をお考えの方はぜひご相談下さい。

加速する大規模太陽光発電・メガソーラー事業

2012年7月1日からスタートした再生可能エネルギーの固定価格買取制度の導入に伴い、現在遊休地活用法のひとつとして、太陽光発電が有効な資産活用として注目を集めており、全国でメガソーラーや大規模太陽光発電所の建設が進んでいます。
太陽光発電は長期間(20年間)にわたり安定利益の確保が見込むことができ、導入費用の早期回収が容易で、 収益性も高いということから、遊休地活用の新たな収益事業として注目されています。

固定価格買取制度とは

固定価格買取制度とは、太陽光をはじめ、風力、中小水力、地熱、バイオマスによって発電した電力を、20年間(出力10kW未満の設備は10年間)にわたり、電力会社が一定価格で買い取ることを義務付けるものです。
太陽光発電により電力会社が買い取った電気は、普段私たちが使う電気として供給されるため、電力会社が買取りに要した費用は、電気料金の一部として、使用電力に比例した賦課金という形で消費者が負担する仕組みになっています。

【平成29年度以降の買取価格について】
太陽光発電システム買取価格(1kWあたり)
平成29年度平成30年度平成31年度
10kW未満 出力制御対応機器設置義務なし 28円 26円 24円
出力制御対応機器設置義務あり 30円 28円 26円
10kW未満(ダブル発電) 出力制御対応機器設置義務なし 25円 24円
出力制御対応機器設置義務あり 27円 26円
10kW以上、2,000kW未満 21円+税 年度ごとに価格検討決定
2,000kW以上 入札制度に移行し、落札価格により決定

大規模太陽光発電・メガソーラーの候補地募集について

弊社では再生可能エネルギー推進を目的として、大規模太陽光発電事業・メガソーラー事業を積極的に推進しています。
全国各所で建設可能ですので、 土地を保有する地主様に向けて建設候補地を随時募集しています。
遊休地活用をお考えの方はぜひご相談下さい。

【募集条件】

  • 日照条件が良いこと(周辺に日照を遮る山や構築物等がない)
  • 約300坪以上の土地
  • 土地を利用するにあたり大きな制約がないこと
    (優良農地や保安林などに該当しないこと。特に農地の場合は、市町村の農業委員会に転用可能の見込みを確認)
  • 造成・送電線接続工事等に多額の費用を要しないこと(土地の傾斜、立木・建物、送電線までの距離が少ない)
  • 向こう20年間以上安定的に使用可能であること

最適地でない場合(計画が破綻した土地)もご相談下さい

過去に大規模太陽光発電・メガソーラーを計画していたが、太陽光発電に適していないという土地に起因する課題をクリアできなかった場合や、資金調達が難しいといった理由などから、経済産業省からの認定を受けながらも、破綻を余儀なくされたケースもあります。
しかし、最近ではこのような一度は破綻したと判断された大規模太陽光発電所・メガソーラーの建設計画を太陽光発電のメーカーの主導により実現されるといった事例もでてきています。
弊社はこういった一度は断念されたリスクの高い案件でも資金面など、オーナー様と連携し取り組んでおりますので、一度は諦めた土地(遊休地)でもまずはご相談下さい。

遊休地活用に関するお問合わせ

まずはお電話またはメールフォームよりお問い合わせください。

【お電話でのお問い合わせはこちら】

フリーダイヤル:0120-65-4455

受付時間:土日祝を除く9:00〜18:00

メールフォームからお問い合わせ